>
人工透析とは

 

人工透析とは?

腎臓は、老廃物を除去、余分な水分を除去、電解質の調整、PHの調整(人工透析で腎臓の代わりができる)、エリスロポエチンの生成、活性型ビタミンDの生成 (人工透析で腎臓の代わりができない)を行っています。
人工透析で腎臓の働きのすべてを行なうことはできません。そのため、薬物療法や食事療法が大切になります。
また、人工透析は、標準的には週に3回、1回あたり3~5時間行いますが、通常の腎臓は24時間365日稼働していますから、やはり人工透析だけでは、腎臓と同じ働きをすることはできません、そのため、日常の過ごし方など自己管理に注意が必要となってきます。
当院では、透析を始めたらどう過ごせばいいの? など患者さまの不安にお答えできるよう、また、よりよい透析生活を過ごせるようにさまざまな透析療法に取り組んでいます。
 

人工透析って何?

透析は、血液を体から取り出しダイアライザーと言われる人工腎臓を通して血液中の老廃物を取り、電解質バランスを整え、きれいになった血液を戻すということをしています。
なぜダイアライザーを通すと血液がきれいになるのか? と思われるでしょう。ダイアライザーは、中空糸と呼ばれるストローのような形状の半透膜が束になっています。この半透膜のストローの内側を血液が、外側を透析液が通っています。この半透膜には小さな孔が空いていて、孔を通ることができる血液中に溜まった老廃物や余分な電解質が、この半透膜の外側を流れる透析液の方に流れ出し、老廃物が除去され、電解質のバランスが整うのです。
なぜ老廃物が透析液の方に流れ出すかといいますと、血液中には不要な老廃物が溜まっていますが、透析液には老廃物がありません。濃度の高いものと濃度の低いものとを合わせると同じ濃度になろうとして老廃物が移動します。ティーバッグの紅茶のようなイメージです。移動した老廃物が入った透析液は捨てられ、ダイアライザー内の中空糸の外側には常に新しい透析液が流れ、また、同じ濃度になろうとすることを繰り返し、だんだん老廃物が少なくなるのです。血液中に溜まった老廃物を取り除くしくみはこういった拡散という原理を利用しているのです。